人と自然をつなげる 都市コミニュティファーム

スーパーローカル

コミニュティファーム

都市型アクアポニックスは
一年中、新鮮なオーガニック野菜を
どこでも誰でも手に入れることができる。
人を癒し、人をつなぐ。
それを可能にするアクアポニックス農園です。 

都市型アクアポニックスの特徴

オーガニック野菜を、新鮮なうちに

都市型アクアポニックスでは一年を通じて葉物野菜やハーブを中心とした作物を栽培することができます。アクアポニックスを利用して栽培をすることから、化学肥料、農薬を使用せず、有機栽培が可能です。

10㎡で1000株/月の野菜を栽培

限られたスペースを最大限に生かすために、アクアポニックスに必要な設備をすべて一体とした栽培システムを開発しました。 都市型アクアポニックスのスタンダードモデルはわずか10㎡ほどのスペースで約1000株の野菜と100㎏の魚をストックすることができます。成長の早い葉物野菜を栽培すれば、毎日30株の野菜を収穫することも可能です。

環境制御システムによる遠隔管理  

都市型アクアポニックスには環境情報を収集するセンサーと温室の環境制御システムが搭載されています。あなたが農場から離れていてもスマートフォンやPCから温室の様子を把握することができ、センサーと連動した環境制御装置が野菜の栽培に必要な温室の環境管理ををサポートしてくれます。

設置場所を問わないモジュール型

都市型アクアポニックスは車の駐車場1台分の大きさ、10㎡の栽培システムをベースにモジュール化されているため、ご希望に合わせて自由に規模拡大ができます。また、土を使用しないアクアポニックスを利用した栽培システムのため、農地にかかわらず舗装された場所にも設置が可能となっています。

アクアポニックスとは?

Aquaculture×Hydroponics=Aquaponics

アクアポニックスとは、養殖魚の排泄物を微生物によって栄養豊富な天然の肥料に変換し、野菜に必要な栄養を提供、野菜は魚の水を浄化するため、水をリサイクルしながら魚と野菜を一緒に育てることができる方法です。

  • オーガニック栽培  

アクアポニックスでは魚の排泄物(=有機物)が微生物によって野菜の肥料へと変換されるため、化学肥料に頼らず野菜を育てることができます。また魚に取って毒性の強い農薬は使用することができません。そのためアクアポニックスでは基本的に有機的に野菜の栽培が行われています。

  1. 仕組みを理解すれば大きさは自由自在に

アクアポニックスはさかな、野菜、微生物のバランスが取れた環境を作ることができれば、自宅の水槽から大規模な農場まで大きさを自由自在に変えることができます。

  1. 周辺環境への負荷が小さい

アクアポニックスは基本的には水を廃棄することなく繰り返し利用します。そのため栄養豊富な養液が周辺に流れ出すことはありません。

  1. さかなも収穫できる

アクアポニックスでは野菜だけでなく魚も収穫して食べることができます。魚種によっては自家繫殖も容易であり農場単位で種苗生産から収穫まで行うことができます。野菜とタンパク質となる魚を一緒に育てることができる画期的仕組みです。

  1. 水の使用量は10%程度

アクアポニックスは繰り返し水を再利用するため、土を利用したの栽培方法とと比較して90%、水耕栽培と比較して10〜15%の節水といわれています。

  1. 省スペースで効率的に野菜を育てられる

アクアポニックスは土に比べ野菜の成長が早く、栽培設備を立体的に構築することで省スペースで多くの野菜を栽培することができます。

メディア

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームより
お気軽にお問い合わせください