A.D.Lとは

自然と人が共存できる社会へ

済とテクノロジーの進歩により、豊かな生活を享受する一方で

自然の営みと人の生活が切り離され、つながりが薄れています

その結果、気候変動、土壌や大気、海洋汚染を引き起こし

人類も含め様々な生物への影響が顕著になり始めました

いま私たちに求められていることは自然を守るだけではなく

現状よりも良い状態に再生し

次の世代に豊かな環境を引き継ぐことだと考えています

アクアポニックスを活用することによって

環境配慮と健康的な食生活の提供を実現し

人々の環境に対する意識変革を導き 自然と人が共存する社会の実現に貢献します

代表経歴

大竹 洋平 Yohei Otake

アクアポニックスデザイナー

野菜ソムリエ

食の6次産業化プロデューサー Lev.3

明治大学農学部卒業

持続可能な食料生産方法を探す中でアクアポニックスと出会い、自宅の水槽でアクアポニックスに取組み始める。その魅力と可能性に注目し、 2018年アメリカへ渡り、Ili’ili Farms、HATponicsにてトレーニングを受ける。
アクアポニックスシステム設計・施工、栽培技術の指導、YouTubeを利用した認知活動を行っている。

アクアポニックスについて

Aquaponics Design Lab.はアクアポニックスを利用して資源循環社会の実現に貢献していきます。

アクアポニックスとは

アクアポニックスとは水産養殖と野菜の水耕栽培を組合わせた食料生産技術です。養殖魚の排泄物を栄養豊富な天然の肥料に変換し、植物に必要な栄養を提供、植物は魚の水を浄化するため、水をリサイクルしながら魚と野菜を一緒に育てることができます。

詳しくはアクアポニックスの総合知識サイト「アクアポニックス大学」で詳しく説明していますので、そちらをご覧ください。